FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ディスクの事を考えてみた

 2011-01-26
フリスビーを始めて3年経ったのかな。
ディスクも色んな物が我が家に転がってます。
とはいえ使う物なんて限られてるんですけどね。

つうわけで我が家のディスク品評会~~~
てことでいつもお世話になってるabout-my-dogsさん


自分の好きなのはHero製品です。
とりわけCOOL(外径235㎜)を愛用しておりますが・・・、投げ心地ならDXが一番好きです。
でもね、DXだとスピードが出すぎってゆうかシュウサクにはちょっと厳しく使用しません。

とか言っておきながら最近はハイパーフライト製コンペ・パピーサイズ(185㎜)を常用してます。
それも白に限る!!!
なんか色によって若干材質が違う様に思う。
ウチには白・オレンジ・黄色の3色あるんですがこの並び順にプラスティックっぽい硬さになってるよう感じます。


とゆうことでまず、大まかにいえばディスクには235㎜内外のスタンダードサイズと185㎜等のスモールがあります。(※厳密にはもっとありますが)


あたりまえですが大きさが違うと投げ方が違います。
・・・いや、そうじゃないなー、投げ方の理屈は同じなんだけどディスクの跳び方の性質が違うからサイズに適した投げ方をする必要があるって意味合いとでもいうのかな。

平たく言ってしまえばレギュラーサイズの方が安定した飛行をさせやすい。
自律志向が強いからです。
なので投げの練習はレギュラーサイズで行う方が上達すると思うのです、何より所先輩がたのノウハウがありますからその恩恵にあずかれる。
そんでもって自分の愛犬に合せてスモールサイズにフィードバックすると。


で、185㎜サイズディスクですがHEROさんからも発売されてます。
が、自分にはちょっと合いません。
なぜならリムが浅いんです。
小指が掛け辛い!(※自分の投げ方によりますが)
基本的にリム命なんで。

「リム」と言えばNDAのディスクが特徴あるかなー。
若干末広がりで指(またしても小指)が逃げる感じ。
リム剛性もゆるいし、ってゆうか全体の仕上がりがルーズ。
だけども意外と嫌いじゃない(笑)
なんかゴム質ってゆうか、滑らない感じ?
手に対してフィットする。

「材質」でいえばJFAのディスク。
あれは本当のプラスチィックっぽくて嫌だなあー。
なおかつ表面も艶やか仕上げ。
だったと思う。
なぜならウチに1枚もない、あまりに嫌すぎて(笑)
あとWAM-Oとか、この辺のは出所とゆうかルーツが同じなんでしょ?
聞いても忘れちゃった
でこのグループの特徴は重い!(って言っても実重量は同じレベルなんだけど。)
だから飛ばすには強いスピンが要求されるんだ。
スピン軽視派の自分には難儀なアイテムなのです。


そういえば回転中のフリスビーに発生する力は揚力なのだそうです。
浮力とは似て非なる物です。
詳しいことはググるかイミダスでどうぞ。
自分は何年か前にイミダスで読みました。確か航空機のページです。

どんなもんかっていうと、例えば「ジャンボジェットの翼の上面と下面で流れる空気の速さを変える事により圧力差を生み出し上へ引き上げる力とする」みたいな感じっすか?
要するに圧力差が大事なんだと。
これをフリスビーに置き換えると、揚力を発生させたいなら強く回せってこってす。

で、遠くまで飛ばすには揚力に加えて推進力も必要なんですが・・・いっぱいいっぱいなんでもうヤメます。



なにわともあれ
小型犬ユーザーにとってディスクの外径やら重量ってけっこう悩ましい問題です。

強引に話をまとめると
ハイパーフライト製のコンペは白に限るって事かな???








スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shu39.blog13.fc2.com/tb.php/54-7eab6ee1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。